美白に効果のある魅力的な成分まとめ

美白効果のある成分にはできてしまったシミに効果があるもの、予防に効果があるものの2種類があります。

できてしまったシミを薄くする

美白に効果のある魅力的な成分まとめ

ビタミンC誘導体。ビタミンCは美白効果が高く抗酸化作用のある成分ですが、壊れやすく不安定なので皮膚にはほとんど浸透しませんでした。そんなビタミンCの弱点を改良し、安定化させた成分がビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は皮膚にしっかり浸透してからビタミンCに変化する性質を持っています。ビタミンCは厚生労働省に認可された美白有効成分の中で唯一、できてしまったシミに効果があるメラニン還元作用を持っています。

お肌の漂白剤ともいわれるハイドロキノンは、ビタミンCの10~100倍といわれる強力な美白効果があります。メラニンを生成する酸化酵素チロシナーゼの働きを阻害する作用、メラニン色素を作るメラノサイト自体を減少させる作用があります。メラニンは紫外線などの刺激を受けると酸化して黒くなります。ハイドロキノンの最大の特徴は、酸化を抑制する還元作用によって、できてしまったシミを薄くする効果に優れている点です。

シミを予防する

美白に効果のある魅力的な成分まとめ

アルブチンは強い美白効果をもつハイドロキノンとブドウ糖が結合したものです。ハイドロキノンは効果が高い反面、お肌への刺激も強いのが難点です。アルブチンは低刺激なので肌の弱い方でも安心して使える成分です。ハイドロキノンのようにメラニンを除去する効果はありませんが、チロシナーゼの働きを抑制し、これからできるシミの予防に力を発揮します。

プラセンタエキスは動物の胎盤(プラセンタ)から作られる成分で、チロシナーゼの働きを抑える美白効果のほか、女性ホルモンのバランスを整えてくれるので肝斑にも有効です。ターンオーバーを促進し、メラニ色素を排出する効果もあります。

トラネキサム酸はアミノ酸の一種であるトラネキサム酸には抗炎症・止血作用があり、じんましんや湿疹の治療、止血剤として使われてきました。美白効果としては、シミの中でもとくに肝斑に効果があるとされています。肝斑の発生の原因になる酵素プラスミンの働きを抑制し、初期の段階からシミを防いでくれます。

美白成分の選び方

美白に効果のある魅力的な成分まとめ

濃度にもよりますが、シミを消す美白効果が高い成分ほど肌への刺激も強くなります。お肌に特別なトラブルがなく、即効性を期待するならハイドロキノン、ビタミンC誘導体がおすすめです。敏感肌や乾燥肌の方は保湿効果のあるプラセンタや、刺激の少ないアルブチンを選ぶと良いでしょう。