美白のための魅力的なスキンケア法

コスメコーナーにはたくさんの美白化粧品があります。その美白効果とは一体どのようなものなのでしょうか。

美白化粧品にできること

美白のための魅力的なスキンケア法

美白化粧品の目的は、日焼けなどで黒くなってしまったお肌を生まれ持った本来の色に戻すこと、シミを薄くしたり、新しいシミの予防をすることです。本来の肌色以上に白くする脱色効果があるわけではありません。

目的にあった成分を選ぶ

美白のための魅力的なスキンケア法

シミを薄くする効果が高いハイドロキノンやビタミンC誘導体は肌が乾燥しやすくなります。アルブチンやプラセンタエキスは低刺激ですが、すでにできてしまったシミにはあまり効果が期待できません。

医薬部外品と化粧品の違い

美白のための魅力的なスキンケア法

美白化粧品のなかには医薬部外品と書かれたものがあります。医薬部外品とは医薬品と化粧品の中間に位置するもので、医薬品よりは効き目が穏やかですが、効果があるとされているものです。

医薬品と医薬部外品は有効成分の表示が許可されています。化粧品に有効成分を記載することはできないので、有効成分が書かれているかをチェックすれば簡単に見分けることができます。美白化粧品では「持続性ビタミンC誘導体」などが有効成分にあたります。

価格が高いほどよく効く?

奮発して価格が高いものを1点使うより、無理なく買える値段のものを使い続けるほうが効果があります。美白化粧品の多くは予防に高い効果を発揮します。使い続けることを前提として作られているので自分の手に届くものを選ぶほうがいいのです。

肌に合うかどうかを再優先に

美白のための魅力的なスキンケア法

医薬部外品の表示の有無、価格やブランド力よりも大切なのは自分の肌に合うかどうかです。医薬部外品はあくまで厚生労働省に定められた成分量で効果が認められているというお墨付きです。必ずしも化粧品より高い効果が得られるわけではありません。高いから効く、医薬部外品だから効く、と思い込んで合わないものを使うのは逆効果です。ネットの評判や口コミよりも実際に試してみることをおすすめします。

美白化粧品は自分の肌に合うものを長く使い続けることで真価を発揮します。紫外線対策など生活習慣の見直しも重要なポイントです。