ハイドロキノン美白効果の魅力とは?

ハイドロキノンはアメリカの美容業界ではよく知られていた美白成分です。効果が強すぎるため、日本では医療機関のみで使用が許可されていましたが、2001年の薬事法の規制緩和により一般の化粧品でも使えるようになりました。

美白効果

ハイドロキノン美白効果の魅力とは?

お肌が紫外線やストレスの刺激を受けると活性酸素が発生し、メラニンを生成するチロシナーゼが活発化します。ハイドロキノンはこのチロシナーゼを抑制に強い効果があります。メラノサイトに直接働きかけて減少させる効果、さらに酸化を抑える還元作用によってできてしまったシミの色を薄くする効果があります。ハイドロキノンを使う最大の魅力は、このシミを薄くする効果にあります。

使い方

ハイドロキノン美白効果の魅力とは?

厚生労働省から認可されている濃度は2%までです。市販されている化粧品に含まれているハイドロキノンは2%程度だと考えてください。それ以上は病院で処方してもらうか個人輸入になります。注意しておきたいのは、濃度が高いからといって高い美白効果が得られるわけではないことです。肌に合わないと副作用のほうが強く出てしまうことがあります。

ハイドロキノンを使う時は洗顔後、化粧品や乳液で整えた清潔なお肌に塗ります。綿棒でシミの部分だけに薄く伸ばしてください。回数は通常、朝晩の2回です。ハイドロキノンは劣化しやすく使用期限が短いので、開封後は冷蔵庫で保管します。紫外線に当たるとシミを濃くする性質があります。使用中は必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

副作用とは

ハイドロキノン美白効果の魅力とは?

赤い湿疹ができたり、肌が乾燥しやすくなります。肌にトラブルがあった場合は必ず医師に相談しましょう。濃度の高いものを長期間使い続けると白斑ができてしまうことがあります。ハイドロキノンの連続使用は一般的に3ヶ月です。病院で支持された使用期間を厳守してください。

正しい使い方をすればシミの特効薬になる成分です。初めて使う方は病院で処方してもらうことをオススメします。